Green&Body

MENU

ブログ

Blog

必要なのは根本的に治すことなんですね!~原因と結果から紐解く~

2017.07.07

こんにちは。岡山で”姿勢”と”栄養”で、からだをリフォームする専門店Green&Bodyです。

 

先日ご体験くださったお客様より、運動を通してからだを整えるお話しをさせていただいた際に「今までのはその場その場の対症療法で、私に必要なのは根本的な原因を治すことなんですね!」というお言葉を頂きました。

 

私自身、ここを一番伝えたいとGreen&Bodyから発信しておりましたので、とても嬉しかったです。

 

根本解決こそが、本当に痛みや不具合を改善することになるのです。

原因と結果

体験にお越しくださったり、初めてお話しをさせていただく方に対して、私は必ず原因と結果のお話しをさせていただきます。

 

肩がこる、腰が痛い、脚が太くなってしまう、アレルギーがある、便秘…

 

これらはすべて結果です。結果の前には必ず原因があります。そして、そのほとんどが日常生活のくせや姿勢に潜んでいます。

 

例えば、スポーツ選手が試合中に転倒してしまい脚を骨折してしまったとします。

 

この場合脚がとても痛いわけですが、その”脚が痛い”は結果であり、”転倒して骨折してしまったこと”が原因になります。

 

これはとても分かりやすい例ですが、慢性的な痛みや不具合もこの考え方が当てはまります。

 

Green&Bodyでは、この考え方を基に考え、お客様のからだの悩みや不具合を、姿勢と栄養から原因を紐解き、その原因に対してアドバイスさせていただいております。

今までは対症療法だったんですね!

先日お越しくださったお客様も、長年の肩こりといつ起こるかわからないぎっくり腰に悩まされていました。

 

その度治療院や病院に行って、その時はとても楽になるそうですが、またぎっくり腰を繰り返し、しかも最近ではその頻度が高くなってきて非常に悩まれていたそうです。

 

そこで、ご自身で「悪い姿勢が原因なのでは?」と考えられ、Green&Bodyにお越しくださいました。

 

姿勢を見させていただいた上で、その方の原因と考えられる部分を、写真と骨格模型(骨男君!)を使いご説明させていただきました。

お客様の場合は、日頃の立ち方、背骨の硬さ、重心と骨盤の左右差、呼吸の浅さ、筋肉のアンバランスなどが原因と考えられ、一つずつホワイトボードに書きながらご説明させていただきました。(私は話が長くて有名です…)

 

すると、お客様から「全部つながりました。今まではその場その場の対症療法で、私に必要なのは根本的な原因を治すことなんですね」とおっしゃってくださいました。

 

この言葉を伺えた時、私は”伝えることが出来た”と、本当に嬉しく感じました。

 

お客様自身がこのポイントを押さえて取り組んでくださると、知らない場合と比べて本当に効果に差があります。

 

私は治療家ではありませんので”治す”という表現は使えませんが、お客様自身が整えるセルフコンディショニングをお伝えすることが使命だと感じています。

 

からだに向き合って、根本的に原因を突き止めませんか?

 

からだ×リフォーム専門Green&Body

木村 泰久

お問合せ

👉姿勢改善・ピラティス体験のご予約はこちらまで📧

👉トレーナープロフィールはこちら

7月の特別体験枠は残り1名

 

 

 

pagetop